>お役立ち情報>家賃債務保証がいれば誰でも家を借りられる

家賃債務保証がいれば誰でも家を借りられる

電卓

登録制度が始まる

2017年10月から家賃債務保証業者登録制度の受け付けが始まり、2018年度から本格的に稼働することが予定されています。この制度は家賃債務保証会社が国土交通大臣の登録を受けることにより、サービスの適正化を図ることを目的としています。これまでは特に何の基準もなかったため、どんな会社でも家賃債務保証の業務に参入できました。今回の制度は参入自体を規制するものではありませんが、登録を受けていれば一定の基準を満たしている証明になり、コンプライアンスを重視している良心的な会社の参考になるでしょう。また低額所得者が特定の賃貸住宅に入居するとき、登録業者であれば保証料を減額できるなどのメリットが用意されています。

電卓

賃貸住宅の安心を確保

賃貸住宅を借りるときは連帯保証人を設定するのが一般的です。もし入居者が家賃を支払えなくなったときは、連帯保証人が代わりに支払う義務を負います。しかし高齢化の進行や家族構成の多様化とともに、収入のある連帯保証人を設定できないケースが増加し、賃貸住宅に入居したくてもできない人が増えてきました。家賃債務保証会社は一定の保証料を支払うことで、連帯保証人の代わりをするサービスです。家賃債務保証を利用すれば、身寄りのない人や親族に迷惑をかけたくない人でも、比較的簡単に賃貸住宅に入居することができます。一方で賃貸住宅のオーナー側も、いろいろな入居者を安心して入居させられるため、空室リスクを減らせるというメリットがあります。

広告募集中